長い人生の中で、お金を借りなければならなくなったという場面に出会う事が多々あります。

 

将来の為を考えて住宅を建てたいとか、子供の学費を用意しなければならない、日常生活においては、急な出費があり一時的にお金が借りたいなどのように、様々な理由でお金を借りて乗り切ろうと考えます。

 

お金の借り方には目的に応じた借り方があり、公的制度を利用する方法や、銀行の金融商品を申込む方法などが一般的ですが、最も手軽に借りる方法にキャッシングがあります。

 

キャッシングは無担保・無保証人でお金が借りられるので、誰にも迷惑を掛ける事がありません。お金を借りる方法のひとつとしてキャッシングを考えてみてはどうでしょうか。

 

お金の借り方の具体的な方法

身内や知人から借りる。

お金を借りる事について、一度は経験したことがあるのは、身内や知人からお金を借りるという方法があります。

 

身内や知人からお金を借りる場合には、金融機関などから借りる場合とちがって、明確に返済日を決めることも少なく、利息も求められない事が多いので、安全性としては高い方法です。

 

ただし、注意しなければいけないのは「金の切れ目が縁の切れ目」といったように金銭絡みの格言は古くから数多く残されているように、お金の貸し借りで親しかった人との縁が切れてしまったというのもよくある話ですね。

 

こうしたことから、額が少なくても、親族や知人から借りることは、避けた方が良いでしょう。

 

公的融資制度

「リストラや給料カットで経済的に困窮し、生活を送ることが難しくなってしまった」という場合に利用できるが、公的貸付制度です。

 

具体的には「生活福祉資金貸付制度」という制度で、この貸付制度が利用できれば、最も良い借り方ですが、現実的には、利用条件が厳しく、誰でも借りられるというような物ではありません

 

一番手軽なキャッシング

身内から借りる方法や公的機関で借りる方法については何らかの弊害もあります。
そんな時、誰でも申込が出来るのが消費者金融のキャッシングや銀行カードローンです。

 

キャッシングと言う言葉を聞くと「利息が高い」や「取立てが怖い」といった、不安なイメージを持たれている方も少なくありません。しかし、現在は法的にも厳しく制約されるようになり、計画的に利用すれば何の問題もありません。

 

キャッシングの疑問点

 

一番気になるのは「キャッシングは金利が高い」と言う事で心配されている方もおられますが、現在は金利も法的に整備されるようになっているので、思っているほどではありません。

 

たとえば、大手消費者金融の実質年利は最大で18,0%で、仮に10万円を1カ月間利用しても、利息はたったの1,480円だけです。

 

また、銀行カードローンの平均的な金利は4,5%〜15,0%程度なので、銀行カードローンを利用すればさらにお得なキャッシングが始められます。

 

また一番不安に思うのが、「家族に知られる事や、取立てがくることがあるのかという事でしょう。キャッシングを利用している事が、家族に知られてしまう可能性としては、利用明細やキャッシングカードが郵送で送られてくる時です。

 

しかし、キャッシングカードは本人確認証を提出しなければ受け取れないように設定できますし、利用明細についてはインターネット上で完了させる事が可能なので、自宅に明細が送られてくるという心配もありません

 

取立てについては、遅延などの場合、担当者から個人名で電話連絡が有る事がありますが、1度の遅滞では、まず行われません。延滞が長期的な場合になれば悪質と判断される場合もあります。

 

しかし、ドラマなどで見るような脅迫的な取立てについては法律で厳しく規制されているので、「闇金」でない限りそうした取立ての心配はありません。

 

今すぐお金が必要と言う場合でも安心

 

キャッシングの最大のメリットと言っても過言ではないサービスに、今日申込みをして今日中にお金が借りられる「即日融資」というサービスがあります。

 

即日融資を実現するには、即日融資が可能なキャッシング会社を選び、申込をすれば申込をしたその日にお金が借りられます。最近ではスマホやPCを使ってインターネットから申込が可能で、必要書類もメールに添付して送信したり、スマホアプリでそのまま送ったり出来るので、来店不要のキャッシングが始められます。

 

キャッシング審査は、平日だけではなく土日祝日でも平日同様に即日審査を行っていますので、休日でも即日融資は可能です。

 

目的を決めれば借入先が探しやすい

「キャッシングを始めたいけど、どこへ申込めばよいのかわからない」と言う方もおられます。どこでお金を借りるかを決める場合は、おおざっぱでもよいので、借りる目的を決める事です。

 

たとえば「今日明日中にはお金を用意しなければならない」とか「将来に備えてお金が必要になった時に、対処が出来るようにしておきたい」と言うような目的があると思います。

 

「すぐにお金が必要」な時は大手消費者金融や、銀行カードローンの即日融資が可能なキャッシング会社から選べばよいでしょうし、「今すぐと言うわけではないけど将来に備えて」と言う場合は、銀行カードローンの中から低金利のカードローンを捜すという事になります。