銀行カードローンでお金を借りる

今やどこの銀行にも小口融資向けのカードローン商品が用意されていて、その需要はさらに増えています。

 

しかし、一般的に言われているように、「消費者金融に比べ審査は厳しい?申込みしたいけど借りられるか不安」といった声もありますが、はたして銀行カードローンは噂通り借りる事は難しいのでしょうか

 

銀行カードローンは保証会社の審査で決まる

銀行カードローンと消費者金融の違いは、保証会社の有無で、保証会社の審査を通過しなければ借入ができないことになっています。

 

銀行カードローンの保証会社は、住宅ローンの保証会社と同じようなもので、申込者が延滞や債務整理などを起こした場合、保証会社が銀行へ残金を代位弁済し、それ以降は保証会社が債務者へ請求や回収を行うようになります。

 

つまり、何かあった時は保証会社が代位弁済してくれるので、銀行にとってはリスクが無く融資ができるのです。

 

銀行カードローンの保証会社になっているのはグループ内の消費者金融やクレジット会社などの貸金業者であり、たとえば三井住友銀行なら「プロミス」、三菱東京UFJ銀行なら「アコム」などが保証会社となっている場合が多いです。

 

保証会社2社の銀行は借り易い

一般的に銀行カードローンの保証会社は1社のところが普通です。
ですから、1社の保証会社の審査に通らなければ、借りることができませんが、保証会社が2社という銀行は、どちらかの保証審査に通れば融資が受けられる可能性は非常に高くなります。

 

以前はオリックス銀行カードローンの保証会社はオリックス・クレジット1社だけでしたが、ある程度の所得や、まとまった融資を希望する方に対する審査はオリックス・クレジット鰍ェ担当し、オリックス・クレジット株式会社の保証が受けられない方や、パートやアルバイトなどのように所得がそれほど多くない方の審査は新生フィナンシャル鰍ェ受け持つようになっているので選択肢のひとつに加えることをおススメします。

 

ただし、いくら借り易いからと言ってもオリックス銀行カードローンは、銀行からの借り入れとなるので、所得が不安定の方、極端に他社での借入れが多い方、返済の遅れや支払いに関するトラブルを抱えた方は、審査落ちとなる可能性は高いので、ある程度の期間をおいて申込む方が無難です。